ソニーPRS-600レビュー

ソニーは新しい電子書籍リーダーを導入し、以前使用されていたネーミングシステムを廃止しました。以前は、名前の番号は現在のモデルの番号を示していました。現在のネーミングシステムでは、ソニーはラインナップの電話の間に新しい区別を導入します。Sony Reader Touch Editionは、このモデルを以前のモデルと区別する、フィンガータッチコントロールを備えたタッチセンシティブ読み取りデバイスとして設計されています。しかし、タッチコントロールの可能性は違いであるだけでなく、多様性もあります。Sony Reader Touch Editionは、日常の電子書籍リーダーに最適です。

SONY PRS-600は、他の電子書籍とボディサイズや画面の対角線に違いはありませんまず第一に、デバイスはその汎用性と保守性にアピールします。本の管理はシンプルで便利なため、ユーザーの年齢や性別の制限がなくなり、見た目もさまざまなデバイスのファンを喜ばせざるを得ません。このモデルは、他のほとんどのモデルと同様に、バックライトが組み込まれていないか、インターネットにアクセスする機能がないため、データ送信はコンピューターに接続されている場合にのみ可能です。このデバイスがAmazonKindle 2に失うのは、まさにワイヤレス接続の欠如です。

装置

SONYPRS-600のセットには以下が含まれます。

場合

USBケーブル

いくつかのパンフレットのユーザーマニュアル

寸法、ハウジング、制御

外部的にSONYPRS-600ソニーPRS-700とは少し違います。デザインはソニーにとってかなり伝統的です。高品質のボディ素材と高品質のアセンブリを使用した、オーステリーな外観。本体は金属、プラスチック、ゴム引きの裏面で構成されています。素材はマットですが、指紋が残っています。これは、ユーザーが頻繁に触れる画面だけでなく、ケース自体にも当てはまります。コーティングがよりエンボス加工されている場合、痕跡が少なくなるか、単に見えなくなります。

SONY PRS-600では、ケースは滑らかで、触り心地が良く、手にぴったりとフィットします。これらは、人間工学の改善に何の役割も果たさないため、美的要因です。

端の側面は広くなく、握りやすくなる可能性は低いです。つま先はしばしばこの境界を越えて伸びます。

カバースロットは利用可能ですが、カバー自体は別途購入する必要があります。安価なプラスチックケースがデバイスに付属しています。利便性と信頼性の両方にプラスの効果がある新しいカバーを購入することをお勧めします。バックライトを使用しても、以前のモデルのカバーを使用できますが、サイズに適合します。

ある意味、ボディはSONYPRS-600PRS-700の場合よりもしっかりしているように見えます。視覚的に薄く見えるか、プロポーションがこの印象を与えます。この装置の重量は、カバーやケースなしで280gにもなります。寸法-121x174x10mm。

PRS-700のように、画面の周りにフレームはありません。ディスプレイは本体と同じ高さです。タッチエディションには照明が内蔵されていないため、このフレームは必要ありません。

また、デバイス本体のキーの数が減少しました。以前は7つでしたが、現在は5つだけです。検索キー「検索」を削除し、アクション「Esc」をキャンセルします。代わりに、さまざまなキーが使用されるか、これらの機能がタッチスクリーンで使用できます。次のボタンを使用できます。

戻る-スクロールして戻る

前方-前方にスクロール

ホーム-メインメニューへのアクセス

拡大鏡-サイズ変更

オプション-設定へのアクセス

下端には次のものがあります。

リセットキーデバイスが何らかの理由で「フリーズ」した場合にリセットします

充電器コネクタ

コンピューターに接続してUSBからバッテリーを充電するためのMiniUSBポート

ペアボリュームボタン

3.5mmヘッドフォンジャック

スタイラスは右側の上部にあります。これにより、SONYPRS-600を指のように操作できます。また、手書き機能を使用してメモを作成することもできます。この場合、スタイラスはかけがえのないものです。

建物の最上部には次の場所があります。

バッテリーの充電とデバイスの動作を示すLEDインジケーター

オン/オフキー

メモリスティックデュオSDHCスロット

背面にコントロールはありません。手から滑り落ちないようにゴム引きされています。

表示

ディスプレイ解像度600x800ピクセル、166 dpi、サイズ6インチ。8色のグレーを表示でき、E-Inkテクノロジーを使用して作られています。

画面の外観特性は次のとおりです。画面自体はPRS-505とほぼ同じ特性であり、その近くにタッチレイヤーが配置されています。そして、これがPRS-700との根本的な違いです。PRS-700では、画像が対照的でなく、少しかすんでいました。ソニーPRS-600これらのパラメータでは、前任者を上回っています。PRS-505と比較しても、画質とコントラストは何倍も高い平均値。特性的にはPRS-505に近いですが、若干の違いがあります。

PRS-600とPRS-505の比較

タッチレイヤーが上にあるため、画面はマットではなく光沢があり、その結果、グレアと反射が現れます。画面に直射日光が当たっているときは読みづらいですが、順応できます。反射やグレアが少ない角度を選択するだけです。PRS-700と比較して、画像のコントラストと鮮明さにより、読み取りの利便性が向上しています。

快適さのための別のデザイン機能があります。タッチスクリーンとケース自体の間に一定の高さのジョイントがあります。スクロールは、状況に応じて、ディスプレイ上で指を右から左または左から右に動かすことによって発生します。

一般的に、印象は平均をわずかに上回っています。このデバイスは完璧な画質にはほど遠いですが、5ポイントシステムでは4で十分です。より高いスコアを得るには、表示品質はPRS-505と同じである必要がありますが、表示はタッチセンシティブのままである必要があります。これまでのところ、おそらく感覚層が上にあるため、これは達成されていません。

ソフトウェア

内部」のSONYPRS-600がはるかに豊かに見えることに注意してください。これは、デバイスがサポートする多数のフォーマットに適用されます。フロントパネルはモノリシックに見えませんが、ユーザーのニーズに合わせて簡単にカスタマイズできます。同じ手書き入力やテキストメモの作成機能など、多くの革新が見られます。同時に、欠点が現れました。なんらかの理由で、フォントサイズの変更を担当する「拡大鏡」キーを押すと、ディスプレイの回転が停止しました。ステータスバーをクリックしても、「検索」や「履歴」は呼び出せません。ささいなことですが、不快です。

メインメニュー「ホーム」の見た目は嬉しい驚きです。手書き機能のおかげで、ノートブックをいつも持ち歩く必要がなく、すべてをSONYPRS-600で書くことができますこのオプションは、キーを使用して入力するよりもはるかに便利で高速です。誰が知っている、多分新しいモデルはGPSナビゲーションのための電話帳または地図サポートを持っているでしょうもちろん、新しい機能の使用と古い機能の拒否は、何かによって正当化されます。

読み取りモードでは、機能は変更されませんでした。読み取り、ページング、ブックマークの作成機能、画面の90度の回転、履歴ストアの遷移とページング、メモの作成とテキストの下線を引くことができます。つまり、実際には、PRS-700が「できた」すべてのものです。これらすべてに加えて、2つのキーがケースから削除され、それらの機能がメニューに移されました。ブックを削除するのが簡単になりました。このため、メニューで1レベル上に移動する必要はなく、[オプション]で[ブックの削除]コマンドを適用するだけです。

ライブラリの表示は徐々に伝統的になりつつあります。書籍、表紙のリストを表示したり、著者、タイトル、日付で並べ替えたり、書籍を検索したりできます。本を読むときと同じように画面を回転させることができます。

本を読みながら「ホーム」キーを押すと、ユーザーはライブラリに移動せず、メインメニューの「ホーム」に移動します。このモデルでは、メニューは本自体に関連付けられており、個別に配置されていません。設定には次のオプションがあります。

1.日付と時刻:日付と時刻を設定します

2.日付と時刻の形式:日付と時計のテンプレートの設定

3.電源管理:自動電源オフ設定

4.Page Turn Gesture:めくるための指の移動方向を選択します

5.スライドショー:画像の自動ページング

6.メニュー言語:インターフェース言語の設定

7.詳細設定:追加設定。次のものが含まれます。

デバイスロック:キーボードをロックします

キャリブレーションタッチスクリーン:校正タッチスクリーン

キーボード:キーボードの言語を設定します

辞書:辞書の選択、追加で接続できます

ホームメニューのカスタマイズメインのホームメニューをカスタマイズします

クリアキーボードの歴史:明確なキーボードの歴史

フォーマットメモリ:内部メモリと外部メモリのフォーマット

デバイスのシャットダウン:デバイスをシャットダウンします

8.概要:マシン情報の表示

9.デフォルトに戻す工場出荷時の設定に戻す

このソフトウェアには、手書きとテキストメモの2つのゲームが含まれています。

SONY PRS-600ブレーキをかけることなくすばやく動作します。大きなインターフェースのおかげで、スタイラスや指で操作できます。手書きだけでなく、タッチQWERTYキーボードを使用してメモを作成することもできます。それは誰かにとってより便利です。

メモリ

デバイスには512MBの内蔵メモリがあり、そのうち約380MBがユーザーに提供されます。最大16GBのMemoryStickDuoと最大16GBのSDHCを使用することもできます。

サポートされている形式

SONY PRS-600は、TXT、DOC、PDF、RTF、Epub、LRF、BBeBブックのテキスト形式をサポートしています。また、JPEG、BMP、GIF、PNG形式で画像を表示したり、MP3およびAAC形式で音楽やオーディオブックを再生したりできます。

電池

デバイスのバッテリーはリチウムイオンであり、メーカーによると、7500ページで十分なはずです。

結論

電子書籍は比較的良いことが判明しました。デバイスは快適で機能的です。ただし、このすべての機能が必要かどうかを判断するのはユーザーの責任です。