WI FIアクセスポイントとしてのラップトップ-ラップトップ(Windows 7、Windows 8)でWi-Fiアクセスポイントを作成(作成)する方法

Windows 7でラップトップからアクセスポイントを作成するにはどうすればよいですか?Wi-Fiは、無線チャネルを介してデータを送信するための標準です。Wi – Fiは、さまざまなデバイスをインターネットに接続するために使用されます。最近、彼らはますます自宅に設置しています。ただし、ルーターを購入したくない場合は、簡単なオプションがあります。アクセスポイントとしてラップトップを使用します。

Windows7でラップトップからWi-Fiホットスポットを作成する方法

ラップトップからアクセスポイントを作成するには、次のものが必要です。

  • Windows 7Basic以降を搭載したラップトップ。
  • USBWi-Fiアダプター;
  • インターネット接続。

シーケンス:

  • Wi-FiアダプターをUSBコネクターに取り付け、機能することを確認します。
  • インターネット接続を確認してください。
  • 「WLAN自動チューニングサービス」を開始します。永続的にアクセスポイントを作成する場合は、コンピューターの起動時にこのサービスを自動起動に切り替えます。
  • 次のサービスは、自動的に開始するように設定する必要があります。
    • インターネット接続共有(ICS);
    • 「ルーティングとリモートアクセス」。
  • コンソールを開き、次のコマンドを入力します。netshwlan set hostednetwork mode = allow ssid = "winap" key = "123456789" keyusage = persistent。winapと123456789の代わりに、ホットスポットの名前とパスワードを入力します。パスワードは8文字以上である必要があり、パスワードの文字は大文字と小文字が区別されます(aとAは異なる文字です)。
  • アクセスポイントの接続が作成されているかどうかを確認します。
    • 「開始-実行-ncpa.cpl」を開きます。
    • [ネットワーク接続]ウィンドウで、物理アダプターが指定されていないワイヤレス接続を見つけます。
  • この接続の「プロパティ」に移動します。「MicroSoftVirtualMiniportAdapter」というラベルを付ける必要があります。
  • 接続の名前を変更します(たとえば、winWiFi)。
  • 同じウィンドウで「ネットワーク接続」はWindowsICSを有効にします-インターネットへの接続。
  • この接続の[プロパティ]、[アクセス]タブに移動し、ICSをオンにして、新しく作成された接続を示します-winWiFi;
  • インターネットに再接続します。
  • コンソールで、次のコマンドを入力します:netsh wlan starthostednetwork。
これで、アクセスポイントのセットアップは完了です。次に、モバイルデバイスを介して接続してみます。

上記のオプションは最も単純で、Windows 7の内部機能を使用して実装されます。コンソールと仮想接続の設定を操作するのが難しい場合は、ConnectifyプログラムとVirtualRouterプログラムを使用してください。