手ごろな価格のインバーターエアコンが現実です

最初のインバーターエアコンは1981年に日本で誕生しました。日本の科学者たちは、従来のエアコンをベースに、専用のコンプレッサー制御ユニットを追加することで、モーターの回転速度をスムーズに調整できるようになり、従来のエアコンに比べて多くのメリットがありました。設定温度に早く到達し、エネルギー効率が高く、静かで、氷点下15度までの温度で動作でき、信頼性が高く、したがって耐久性が高くなりました。

わが国では長い間、インバーターエアコンはいわゆるプレミアムセグメントに属していました。それらについて知っている人はほとんどいませんでした。さらに、知っているすべての人がそれらを買う余裕があるわけではありません。結局のところ、従来の分割システムは、同様のインバーターシステムよりも3〜4倍安価です。興味深いことに、日本では前世紀の90年代後半以来、インバーターエアコンの売上高のシェアは、さまざまな見積もりによれば、90〜98パーセントでした。つまり、日本人は従来のエアコンよりも12年以上もインバーターエアコンを好んできた。

エアコンHondaHD-12 HRA4 / VHFは、インバーター技術が一部の人にしか利用できないというステレオタイプを打ち破った、インバーターエアコンの最初のモデルの1つになりました。この壁掛け式スプリットシステムは、比較的低価格で、ほぼ一年中使用できる低エネルギー消費の優れたデザインのエアコンを手に入れることができます(動作温度範囲:-15〜 + 45°C)。

装置

室内機

このモデルの内側のブロックはベージュ色で作られています。リビングルームやベッドルームのインテリアを完璧に引き立てます。ノイズレベルはわずか29dBで、実質的に無音です。

室内機の寸法は880×286×200mm、重量は14kgです。

室外機

室外機の騒音レベルは51dBで、寸法は760 x 540 x 260mmです。重量-39kg。

リモコン

エアコンの機能特性

  • -冷却/加熱/除湿/換気。
  • -バイオフィルター抗菌剤。
  • -エアイオナイザー。
  • -最高クラスのエネルギー効率。
  • -新世代のインバーターロータリーコンプレッサー。
  • -広い動作温度範囲:-15〜 + 45°С。
  • -快適なスリープモードSLEEP。
  • -動作モードの自動選択。
  • -本体およびモードの誤動作の自己診断。

注意が必要なHondaHD-12 HRA4 / VHFエアコンのメリット

  • -設定温度の迅速な提供。インバーター技術により、エアコンは必要な温度にはるかに速く到達できます。このタイプのエアコンは、平均して、非インバーターのエアコンよりも設定温度に達するまでの時間が30〜50%短くなります。

  • -設定温度の正確なメンテナンス。記事の冒頭の図からわかるように、コンプレッサーの動作がより均一であるため、インバーターエアコンは室内の温度を一定に保ちます。従来のエアコンは実際にはかなり広い範囲で動作しますが、ユーザーが設定した設定とは異なります。
  • -従来のエアコンと比較して大幅に低いエネルギー消費。コンプレッサーモーターによるエアコンプロセッサーのより細かい制御は、目に見える節約を提供し、ユニットがそのライフサイクルの終了前でさえも完済することを可能にします。
  • -コンポーネントのリソースの増加。コンプレッサーやインバーターエアコンの他のコンポーネントをより効率的に使用すると、寿命を延ばすことができます。さまざまな情報源によると、適切にメンテナンスされたこのようなエアコンは、多くの場合、最大15年間動作します(従来の非インバーターエアコンの場合は6〜7年間)。
  • -マイナス15度までの屋外温度での暖房に使用できる能力。温度がプラス5度に下がった後は、インバーター以外のエアコンの使用はお勧めしません。したがって、冬でも、コンポーネントを危険にさらすことなく、意図したとおりにエアコンを使用することができます。
  • -Honda HD-12 HRA4 / VHFエアコンのリモコンには、ユーザーの便宜のために蛍光ボタンが装備されています。
  • -ホンダのエアコンは、オゾンに優しいR410Aフレオンのみを使用しています。
  • -Honda HD-12 HRA4 / VHFの心臓部は、信頼性が高く強力な東芝コンプレッサーでした。

最も近い競合他社(同じ価格帯のインバーターエアコン):

サムスンAQV09PSDNSER

LG S09AFT

北野TAC-09CHSA / BQI

ラレッティLA-09IHR / SS

パナソニックCS-E12MKDW