Panasonic LumixDMC-G2レビュー

パナソニックG2は、4/3マイクロシリーズの後継機として待望されています。パナソニックは、市場がパナソニックGF1のような小さな死骸を好むことが多いという事実にもかかわらず、それ自体を1つのボディレイアウトに制限する必要があるとは考えていませんでした。同社はSLRを販売していないため、Panasonic G2の設計を維持することは、Canon、Nikon、Pentax、さらにはそのマイクロ4/3パートナーであるOlympusから既存のDSLR市場に参入するための論理的な選択です。これは、主に一部のユーザーが光学ビューファインダー付きの交換レンズ。ビューファインダーを必要としない人は、すでにパナソニックGF1を選択しています。

カメラの寸法に関しては、最小のDSLRよりもそれほど小さくないため、大きな違いがあります。ただし、レンズの多くは非常に小さいため、Panasonic G2は、スイベルスクリーン、高解像度ビューファインダー、タッチスクリーンインターフェイスを備えた市場で最も用途の広い小型SLDカメラの1つです。

外観とデザイン。 Panasonic G2は非常に小さなデジタルSLRのように見えます。実際、小さなレンズがなければ、CanonDSLRのように見えます。その結果、パナソニックG2は小さく感じますが、かなり重く、滑らかな表面は柔らかく、手触りが暖かくなります。パナソニックがこのユニークなラバーフィニッシュにこだわるのは素晴らしいことです。なぜなら、それはプラスチックと金属の構造以外のGシリーズの典型的な小さなものの1つだからです。このコーティングは実際には粘着性ではありませんが、滑らかで滑りやすいので、特に乾燥した日には、G2をしっかりと保持するようにしてください。

カメラは小さくてもバランスが重要であり、パナソニックG2の重量は十分に分散されています。バッテリー、カード、レンズを使用した場合、PanasonicG2の重量は618gです。枝肉の重量はわずか437gです。比較のために、Olympus E-P2の重量は完全なセットで539g、Samsung NX10 610gのフルディスプレイです。

フロントパネルの主な違いは、元に戻されたモードダイヤルがないことと、HDおよびAVCHDLiteのロゴの外観です。完全なレンズも新しく、Mega OIS(Optical Image Stabilization)を備えた3x、14-42mm GVarioになりました。

新しいレンズに関しては、パナソニックは本体からOISオン/オフボタンを削除し、カメラメニューに機能を制御する機能をもたらしました。

ハンドグリップのシャッターボタンは高く設定されているため、誰にとっても便利ではない場合があります。しかし、それは実際には問題ではありません。 Panasonicは、メニューとビデオモードのショートカットを背面に移動しました。画面を見ると表示される可能性が高くなるため、カメラを傾けることなく設定を見つけて変更できます。その代わりに、ビデオ録画とインテリジェントオートがあります。おそらく多くの人は、GH1のように、背面にあるビデオ録画ボタンを見るためにボタンを好むでしょうが、GF1のように、シャッターボタンの近くの場所も良い妥協点です。ゴム製のアイカップビューファインダーがパナソニックG2からどれだけ突き出ているかに注目してください。これは、小規模な競合他社が対応できる場所にG2が収まる能力をさらに制限する設計機能です。

パナソニックのスクリーンはヒンジで幅が広く、カメラの右側にかなりのスペースを残して、グリップを良くしています。NX10のように、可動スクリーンのないほとんどの競合他社に見られるよりも、親指を置くスペースが少なくなっています。しかし、パナソニックは、誤って押す可能性を減らすためにボタンを硬くしました。表示ボタンはカメラ本体に完全に埋め込まれています。

リアダイヤルは、誤って作動させないように剛性があり、内側に押すと露出補正調整モードになります。ダイヤルを回して修正します。ビューファインダーの右側には、LCDとビューファインダーを自動的に切り替えるIRセンサーがあります。

電子ビューファインダーは、1,440,000ドット(480,000ピクセル)の非常に高い解像度を備えており、100%の視野と1.4倍の倍率を提供します。

可動式LCD。3インチLCDは回転可能で、アスペクト比は3:2、ドット数は460,000です。一部のメニュー項目やAFポイント選択用のタッチパネルです。LCDディスプレイは、最大7段階の明るさと色の調整を提供します。両方の画面(一般およびビューファインダー)は、リアルタイムのヒストグラム表示と、画面上のプロンプト用の3つのオプションを提供できます。

パナソニックG2機器

センサー。 Panasonic G2には、4:3のアスペクト比で17.3 x 13.0mmのサイズの4/3センサーがあります。 Panasonic LiveMOSイメージセンサーにはRGBカラースペースフィルターがあり、4000 x3000ピクセルの最大解像度を提供します。使用可能なアスペクト比には、3:2(4000 x 2672ピクセル)、16:9(4000 x 2248ピクセル)、および1:1(2992 x 2992ピクセル)があります。 Micro 4/3はセンサーのサイズについてではなく、レンズマウントとミラーがないことについて話していることを覚えておく価値があります。センサー自体は4/3センサーとまったく同じサイズです。 4/3のクロップファクターは2倍なので、35mmカメラに相当する28-84mmを得るには、付属の14-42mmレンズに2を掛ける必要があります。

CPU。Panasonic G2は、Venus Engine HDIIと呼ばれる同社の新世代のイメージプロセッサを使用しています。最大バースト深度が最大7RAWフレーム、または無制限のJPEG画像で、最大3.2フレーム/秒でバースト撮影を利用できるようにすることができます。また、ISO感度が100〜6400相当の範囲に収まるように、ノイズ低減のパフォーマンスを向上させる必要があります。また、インテリジェントなISO選択機能もあります。

超音波ダストフィルターは、センサーからダストを振り落とすように設計された以前のカメラから来ています。

オートフォーカス。すべてのMicro4 / 3デジタルカメラと同様に、Panasonic LumixG2はオートフォーカス差検出システムを使用しています。選択:23ポイントまたはシングルポイントフォーカシングが利用可能で、PanasonicG2には顔検出テクノロジーとAFトラッキング機能が含まれています。 G2のタッチスクリーンディスプレイでは、タッチオートフォーカス、さらにはシャッターリリース機能も提供できます。アシストランプが点灯し、暗い場所で近くの被写体に焦点を合わせることができます。

測定。 Panasonic G2には144ゾーンのメータリングシステムがあり、スマート、センターウェイト、またはマルチゾーンの3つのメータリングタイプから選択できます。シャッター速度の選択モードには、プログラム、開口部の優先度、シャッターの優先度、およびフルマニュアルが含まれます。シャッタースピードやアパーチャなどの知識がなくても、愛好家が望む結果を得るのに役立つ26のシーンプログラムもあります。シャッターは60〜1 / 4000秒で動作し、手動モードは4分に制限されています。 +/- 3.0EVの露出補正は、1 / 3EVステップで利用できます。 Panasonic G2には、1/3または2 / 3EVステップでさまざまな露出で3、5、または7つのショットを撮影できるブラケット機能もあります。

ホワイトバランス。自動、手動、7つのプリセットを含む9つのホワイトバランスモードが利用可能です。ホワイトバランスを微調整する可能性もあります。または、100ケルビン刻みで2500〜10,000ケルビンの範囲に直接設定することもできます。ブラケット機能には、3つのホワイトバランスエクスポージャーもあります。Panasonic G2には、ISO100でガイド番号11メートルのフラッシュが組み込まれています。1/ 160秒のX-syncおよび+/- 2.0EVの露出補正が1 / 3EVステップで利用できます。自動TTLで撮影するためのFL220、FL360、FL500フラッシュユニットと互換性のあるホットシューもあります。

ビデオ。Panasonic Lumix G2には、標準および高解像度のビデオモード(またはPanasonicと呼ばれる動画モード)が含まれており、最大720p(1280 x 720ピクセル)の解像度で撮影できます。高解像度ビデオ用に選択できる2種類の圧縮:AVCHDLiteまたはQuickTimeMotionJPEG。 WVGA / VGA / QVGA解像度での標準解像度の撮影では、QuickTime MotionJPEGビデオのみが可能です。 AVCHDビデオは、NTSCの場合は60fps(30fps)、PALの場合は50fps(25fps)で記録されます。 QuickTime MotionJPEGビデオは常に30fpsで記録されます。 Panasonic G2は、17以上のシーンのビデオプログラムを提供します。また、モノラルマイクを内蔵しているだけでなく、ジャックを介して接続するステレオマイクジャックも備えています。残念ながら、それは標準ではありません、したがって、適切なアダプターがないと、ほとんどのマイクでは機能しません。もちろん、パナソニックのDMW-MS1ステレオマイクには適切なコネクタが付いています。

撮影。Panasonic G2は、sRGBとAdobe RGBの両方のカラースペースを提供し、圧縮されたJPEGまたは通常のRAWで写真を撮影し、必要に応じてRAW + JPEGを同時に撮影できます。

データストレージとバッテリー。データは、新しいSDHCおよびSDXCタイプを含むSDカードに保存されます。Panasonic G2には、USB 2.0高速データ接続、ステレオオーディオ付きのMiniHDMI Type C高解像度ビデオ出力、またはモノラルオーディオ付きの標準解像度NTSC / PALビデオ出力があります(NTSC北米のみ)。

偽造またはサードパーティのバッテリーの使用を防ぐためのパナソニックのIDセキュリティ機能を含む7.2V1250mAhバッテリーを搭載。キットの14-42mmレンズを使用すると、LCDを使用して1回の充電で最大360ショット、電子ビューファインダーを使用して390ショットを撮影できます。

パナソニックG2での撮影

パナソニックG2を散歩に連れて行ってください。それはすぐにそれ自体を思い出させる独特の機能を持っており、他のカメラには見られません。まず、これまでアクセスできなかった角度をとることができる回転可能なLCDディスプレイがあります。

LCD画面を操作すると、LCDを目にしたときにのみビューファインダーがオンになります。または、LCDを使用してステータスを示すこともできます。非常にスマートでエネルギー効率の高いテクノロジー。

ビューファインダー。 LCOS(Liquid Crystal On Silicon)ディスプレイのおかげで、ビューファインダーがシャープであることを思い出してください。リフレッシュレートは毎秒60フレームです。この周波数では、ほとんどの人の目がちらつきを停止するため、ほとんどのディスプレイよりもはるかに現実に近くなります。 LCOSの特別な点は、これまでに見た他のカラーLCDとは異なり、ピクセル間にグリッドがなく、赤、緑、または青のピクセルを見ることができないことです。ただの均一なイメージです。ざらつきが目立ちますが、全体的にはとても良いです。

ビューファインダーにはまだわずかな歪みがあります。ガラス越しに見ると、色収差が見られます。しかし、力を入れずに全体像を把握することは難しいため、メガネは使用しないことをお勧めします。

タッチパッド。LCDディスプレイに戻ると、その新機能はタッチパネル機能です。PDAや最新の電話の経験豊富なユーザーにとって、すべてが自然であり、問​​題を引き起こすことはありません。

G2での撮影中に、パナソニックはAFポイントが高く、右にずれていることを発見しました。つまり、本来あるべき場所にまったくありませんでした。AFポジショニングポイントをリセットする方法を理解するのに長い時間がかかりました。他のカメラに共通する多くの組み合わせが試されましたが、役に立ちませんでした。答えは簡単でした:タッチスクリーン。LCDの中央をノックするだけで、AFスポットが中央にジャンプします。それは良いです。フォーカスポイントが瞬時に移動し、ショットは成功しました。これまで以上に簡単に。

もちろん、問題は時々あなたが誤って画面をクリックすることです。幸い、この機能をオフにするか、もう一度押すだけでAFポイントを選択できます。

タッチパッドを引き付けるもう1つの機能は、どこにも適用されないことです。多くの企業は、カメラを小さくするためにすべてのボタンを削除しようとしましたが、LCDは大きくなっています。 Panasonic G2では、センサーを使用してAFポイントを選択し、ヒストグラムを移動し、再生モードで写真を振って、画像を拡大し、クイックメニューでの選択を受け入れます。トリガーとして使用することもできます。

タッチパッドはどこでも使用されるわけではありませんが、かなりの数の機能、特にオートフォーカスを処理するために使用されます。トラッキングフォーカスモードでは、被写体をタップしてPanasonicG2にトラッキングさせることができます。ターゲットの周囲に、かなり印象的な黄色のアイコンが表示されます。顔検出がアクティブな場合、このモードでタップしてAF被写体を上書きできます。カメラは引き続き顔ベースの露出設定を適用しますが、フォーカスは選択した領域に制限されます。フォーカスエリアを拡大または縮小できることにも注意してください。

十分に楽しくありませんか? Panasonic G2を23エリアフォーカシングモードに切り替え、タッチパネルを使用して、使用可能ないくつかのAFポイントに制限することができます。画面には9つのプラス記号が表示され、それぞれに4つ、5つ、または6つのAFポイントがあります。タッチスクリーンは、変更を非常に迅速に行うことができるため、使いやすさと生産性が大幅に向上し、マルチAF機能が非常に便利になります。原則として、ほとんどの場合、中心点で撮影する必要がありますが、タッチポイントの選択は非常に興味深いものであり、メインの撮影オプションと同様に、そこで停止できます。 G2のオートフォーカスシステムはシーンを完全にカバーしているため、パナソニックは市場で最も完全で手頃なコントラストのオートフォーカスシステムを備えていると言っても過言ではありません。

タッチパネルは再生モードでも動作します。ある画像から別の画像にスクロールしたり、画像を拡大したりできます。ズームバックする場合は、ズームアウトボタンをクリックしてください。単に。

フォーカス速度。Panasonic G2のオートフォーカスはかなり高速であり、ビデオモードでは、他のほとんどの小型デジタルカメラよりもカムコーダーのように見えますが、パフォーマンスも優れています。

シャッターラグはこのカテゴリーには十分で、フォーカシングとシュートを備えたパナソニックG2は、付属のレンズで0.42秒以内に収まります。連続オートフォーカスのパフォーマンスは、0.40秒とわずかに速くなります。プレフォーカスラグは非常に速い0.12秒前後でホバリングします。一部のデジタルカメラほど高速ではなく、一部のDSLRほど高速ではありませんが、このクラスでは十分に高速です。その理由は、オープンボルトの設計にあります。 SLRカーテンは、従来から使用されている場合は常に閉じて、シャッターを押すとすぐに最初のカーテンが開くようにする必要があります。ライブビューモードのSLDおよびDSLRは、センサーにライブイメージを表示して画面に表示するために、シャッターを開いたままにします。したがって、露出する前に最初のカーテンを閉じる必要があります。これには長い時間がかかり、プレフォーカス時間が長くなることに反映されます。比較すると、Nikon D5000のプリフォーカスシャッターラグは標準モードで0.085秒ですが、ライブビューではさらに遅くなり、遅延が0.54秒に増加します。したがって、PanasonicG2は比較的良好に機能します。最新のDSLRは、フルAFシャッターラグでも高速であることに注意してください。たとえば、Canon550Dは焦点を合わせて画像をキャプチャするのに0.25秒かかります。ただし、ライブビューではさらに遅くなり、遅延が0.54秒に増加します。したがって、PanasonicG2は比較的良好に機能します。最新のDSLRは、フルAFシャッターラグでも高速であることに注意してください。たとえば、Canon550Dは焦点を合わせて画像をキャプチャするのに0.25秒かかります。ただし、ライブビューではさらに遅くなり、遅延が0.54秒に増加します。したがって、PanasonicG2は比較的良好に機能します。最新のDSLRは、完全なオートフォーカスシャッターラグでもさらに高速であることに注意してください。たとえば、Canon 550Dは、画像のフォーカスとキャプチャに0.25秒かかります。

安定。パナソニックのメガOISは驚かされ続けています。新しい14-42mmレンズでは、ファジーショットがますます少なくなっています。写真家の鼓動が品質に影響を与えることはなくなり、撮影プロセスはややシュールに見えます。画面上の画像が安定したまま、手とカメラの動きを見ることができます。

プレビュー。Panasonic G2には、背面の5方向ジョイスティックのすぐ下にプレビューボタンがあり、現在の設定でレンズの開口部を停止します。ただし、G2にはシャッター速度プレビューと呼ばれる独自のモードもあります。まず、[プレビュー]ボタンをクリックしてプレビューをアクティブにし、次に[表示]ボタンをクリックします。カメラは基本的に、選択したシャッター速度でセンサーから画像を取得し、指定した間隔で表示を更新します。たとえば、f / 8で滝をキャプチャして画像の焦点を最大限に活用し、落下する水の動きをスムーズにしたい場合は、画面に必要な効果が得られるまで開口部を調整できます。フレームが明るすぎたり暗すぎたりする場合は、ISO設定で必要な変更を加えることができます。開口部とシャッター速度を試してみることなく、適切な値を選択してください。

"ビデオ"。G2は、ムービーモードの前モデルを改良したものであり、改訂されたレンズは「HD」光学系ではありませんが、驚くほど優れているわけではありません。オートフォーカスは、競合する一定のAFモデルよりも優れており、ビデオの録画中にAFトラッキングが明らかに不足しているカメラよりも明らかにはるかに進んでいます。

マニュアルに記載されている内容にもかかわらず、Panasonic G2はプログラムモードでのみ撮影し、絞りまたはシャッター速度を優先するため、露出制御は使用できません。ただし、周辺デフォーカスモードを使用できるため、ある程度の制御が可能になります。フリッカー低減により、1/50秒から1/120秒までの4つのシャッター速度を選択できます。

ビデオの録画中にLCDタッチスクリーンのAFポイントを設定する機能は素晴らしいです。画面に触れるだけで、ある被写体から別の被写体にフォーカスを移動するのも同じくらい簡単です。

AVCHDLiteとMotionJPEGが、他のカメラではめったに見られないPanasonicG2でサポートされていることを嬉しく思います。内蔵マイクの音質は良く、非常に敏感です。バックグラウンドでわずかなヒスノイズに気づきましたが、それが内部ノイズなのか周囲の音なのか見分けがつきません。

Panasonic G2にはマイクジャックがありますが、カスタムの2.5mmサイズであるため、ほとんどのマイク用に追加のアダプターを購入する必要があります。ほとんどのデジタルカメラと同様に、手動のオーディオレベル制御はありません。

AVCHDまたはMotionJPEGのいずれのビデオでも、圧縮アーティファクトはほとんど見つかりませんでしたが、大きな問題は、カメラが記録をアクティブにするのにかかる時間です。PanasonicG2は、記録ボタンを押してから約1秒間記録を開始しません。また、カメラはクリップの終わりで約0.5秒から0.7秒まで記録をカットします。

レンズとコンバーター。利用可能なMicro4 / 3レンズのリストは増え続けており、利用可能なコンバーターは、すべてをリストするには可能性が広すぎます。しかし、パナソニックとオリンパスから実際に入手可能なマイクロ4/3レンズの中には、いくつかの本物の宝石があります。すべてを確認したわけではありませんが、オリンパスのお気に入りの2つである17mm f /2.8と20mmf / 1.7パナソニックは、あらゆる種類の光で優れた画像を撮影し、ほとんどのフレームでシャープネスが良好です。 20mmはシャープネスと感光性の利点がありますが、17mmも良いです。中型レンズの中でも、パナソニック14-45mmは光学性能と画像安定化の点で最も優れています。私たちの調査によると、G2に付属の14-42mmよりもシャープに見えます。

広角のスーパースター、パナソニック7-14mmとオリンパス9-18mmは、それぞれ風景写真家に印象的な画像を提供します。7-14mmは特に素晴らしいですが、ミニチュアの9-18mmよりもかなりかさばります。オリンパス14-150mmはまだ見たことがありませんが、パナソニック14-140mmは焦点の長さに関係なく優れた画像をキャプチャし、オートフォーカスが速く、静かで滑らかな開口部があるため、ビデオ撮影に適しています。

結論

長所:

リアコントロールダイヤルは最適な位置にあります。

可動式の高解像度3:2LCDディスプレイ。

高精細ビューファインダー;

ビューファインダーとLCD画面を切り替えるIRセンサー。

ハンドグリップに適した形状。

柔らかく温かみのあるラバー仕上げ。

前モデルより20g軽量ですが、カメラの重量はまだ十分です。

カメラ本体のスイッチの適切な位置。

ビューファインダーの優れた+/- 4ジオプター範囲。

良いレンズが含まれています。

優れた光学画像安定化。

写真やビデオを撮影するときのAFトラッキング。

外部マイクコネクタ;

オートフォーカスのタッチコントロール。

タッチコントロールは、ビデオを撮影するときにも機能します。

コントラストシステムは高速AF。

暗い場所でのフォーカスが非常に良好です。

補助照明;

非常に良いオートホワイトバランス。

一部のコンバーターのJPEGおよびRAW形式でのカメラのレンズ色収差および歪みの補正。

調整可能なノイズ;

インテリジェントオートモード;

インテリジェントな露出;

インテリジェントな解決;

顔認識;

ビデオ用のAVCHDLiteおよびMotionJPEGをサポートします。

別のビデオボタン;

シャッター速度を表示します。

まともな内蔵フラッシュですが、ワイヤレスサポートはありません

SDXCカードのサポート。

利用可能なレンズの範囲が拡大しています。

マイナス:

ビューファインダーの背面はカメラのはるか後ろに突き出ており、狭いスペースに収まりにくいです。

レンズ全体には、本体に光学安定化スイッチがありません(カメラメニューのみ)。

広角レンズ位置での未補正RAW形式での大量の幾何学的歪み。これは、JPEG形式のソフトコーナーに寄与します。

マクロ領域の最小値が大きい。

以前のGモデルと同じ黄橙色の質問。

ビデオの録画中は手動モードはありません。

非標準のヘッドフォンジャック。

ビデオは1秒後に録画を開始します。

コントラストと飽和の設定には十分な調整範囲がありません。

コントラストは主にシャドウとミッドトーンで機能します。

高い光感度は、最新のMicro4 / 3モデルの一部ほど良くありません。

MFTを評価するための良好な動的範囲ですが、APS-Cカメラほど良好ではありません。

バーストモードでのバッファサイズが小さい。

その前身は、ビューファインダーの品質に新しい基準を設定し、交換レンズデジタルカメラの新しいカテゴリも作成したため、当然、パナソニックG2には多くの期待が寄せられています。多くの点で、Panasonic G2は、同じ高解像度の電子ビューファインダーと、複数の設定に適用されるタッチで強化された、幅の広い傾斜したLCD画面で、私たちの期待に応えます。

表示されているコントロールが使用される可能性が高くなります。また、GF1のように、トップパネルの[録画]ボタンも便利な場所にあります。ビデオモードでの喜びを暗くする唯一のことは、起動時間が約1秒で、ビデオの終了から0.5秒以上切断することです。全体として、Panasonic G2のビデオパフォーマンスは確かに向上しており、優れた画質、より優れた被写体追跡、非常に有能なフォーカス作業を備えています。

オートフォーカスは高速で、競合するほとんどのSLDカメラよりも高速で、トリガー中のジッターがはるかに少なくなります。

重要な更新によって触れられていない唯一の場所はセンサーです。私たちの知る限り、これはGH1を除いて、オリンパスとパナソニックのカメラで使用されているものと同じセンサーであり、特に高ISOで、すでに開発の時代を示し始めています。 G1を最初に見たとき、それはMicro4 / 3センサーの高ISO品質の最初で唯一の例でした。次に、オリンパスE-P1は、高ISOで著しく優れたパフォーマンスを発揮し、色の再現性が向上しました。 G2は、ISO 1600以降の高ISOでまだ問題があり、パナソニックライン全体の欠陥である黄色の問題も継承しています。確かに、黄色は緑に、オレンジは茶色にシフトしています。

ただし、印刷結果は良好であり、RAWで撮影し、プログラムで画像を微調整すれば、色のレンダリングについて心配する必要はありません。

G1とGF1に付属しているオリジナルの14-45mmレンズのため、光学品質は少し低くなります。かなり良いですが、キャプチャ後にソフトウェアを微調整する必要があります。レンズは軽量でシンプル、そして小さく、ほとんどすべてのポケットに隠れています。

全体として、パナソニックG2は、特にカメラとの新しい対話方法に関しては、G1からの大きな一歩です。アクセサリーやレンズが小さな保護ケースに収まる軽量カメラと組み合わせて、高品質を求める熱狂的な写真家や愛好家のニーズに応えます。