学校の昼食をまとめる

9月1日、子供は学校に行き、両親にとって学校の食事の問題は再び深刻になりました。ほとんどの教育機関は学生に学校の食堂で食事を提供していますが、多くの場合、子供とその母親がこのサービスを拒否することを余儀なくされる理由があります。これらの場合の最適なオプションは、自宅で組み立てられたランチボックスのオプションです。

小さなフードボックスには、タンパク質製品(肉、魚、マメ科植物)、炭水化物源(シリアル、シリアル、シリアル)、発酵乳または乳製品、新鮮な野菜や果物で構成される本格的な学生の食事が含まれている必要があります。子供たちに学校に水を飲ませ、特別なボトルに注ぐことが不可欠です。

学生の昼食では、料理の外観と効果的なパッケージングが非常に重要です。学校の食べ物を美しく包装するための最も興味深くモダンなオプションは、明るくカラフルなプラスチック容器です。そのような料理には通常、面白い写真、人気のある漫画や漫画のヒーローの画像が含まれています。ママが慎重に計画したランチボックスは、愛する学童のすべての好みと願いを考慮に入れ、栄養価の高いランチを提供し、家族の予算を節約するのにも役立ちます。このような特別な容器には、食べ物が混ざったり崩れたりしないように多くのコンパートメントがあり、必要な刃物が装備されており、使用と輸送に便利です。コンテナには、ナプキン、サーモス、またはウォーターボトルのみを補充できます。

今日の食品容器の範囲は広く、多様です。モデルが異なれば、サイズ、構成、外部デザイン、内部セクションの配置も異なります。コンテナは、単回使用と再利用可能な使用の両方のために製造されています。使い捨てランチボックスの主な要件は、安全性、コンパクトさ、および気密性です。このような容器は通常、プラスチック、ポリスチレン、ポリプロピレン、紙の原材料などの天然素材で作られています。発泡ポリスチレンまたは環境にやさしい材料であるコーンスターチからなる1回限りのランチボックスを見つけることは珍しいことではありません。使い捨ての容器を選ぶとき、それらのほとんどがマイクロ波オーブンでの加熱に適していないという事実に注意を払う必要があります。このような器具は、主に食品の保管と輸送用に設計されています。

使い捨てボックスは、さまざまな形状、構成、色で製造できます。常にさまざまなサイズのランチボックスを用意し、積み重ねる製品の量に応じていずれかを使用することをお勧めします。2、3、またはそれ以上のセクションボックスに食事を入れるのも便利です。この場合、食べ物の匂いと味は混ざりません。カラーパフォーマンスに関しては、最も多く販売されているのは白ですが、他にもさまざまな色合いがあります。いずれにせよ、料理の色はその品質にまったく影響を与えませんが、純粋に美的な関心事です。

再利用可能な容器を作るための材料も多種多様です。ほとんどの場合、プラスチック製のランチボックスを見つけることができますが、ステンレス鋼、ポリアミド、ネオプレン(合成ゴム)、および特殊な生地で作られたモデルがよく見られます。

プレミアムセグメントのランチボックスは通常、ステンレス鋼で作られています。このような容器の利点は、これらの皿が臭いや脂肪を蓄積せず、皿を長期間暖かく保ち、そして掃除が容易であることです。ステンレス製の容器には、たとえばメインコースやスナック用に複数の容器を入れることができます。多くの場合、それらは密閉されたカバーを備えており、真空絶縁されています。スタイリッシュな高校生のために、フォルダーやケースの形のモデルがあります。欠点のうち、そのような容器を電子レンジに入れることが不可能であること(皿がまだ冷たい場合)、プラスチックと比較してより具体的な重量、そしてかなり高いコストだけを強調する価値があります。

ポリアミドとネオプレンで作られたランチボックスは通常、子供のために特別に開発されたオリジナルのデザイン、バックパックまたはバッグの形の人間工学に基づいた形状、快適なハンドルと調整可能なショルダーストラップ、前面のカラフルなプリントを備えています。これらの最新の技術的に進歩した環境に優しい材料は、製品を気密に保管し、子供の食事の鮮度を可能な限り維持し、機械的ストレスに耐え、手洗いや機械洗浄中にその特性を失うことはありません。

メーカーはまた、かなり豊富な種類のサーマルバッグを提供しています。軽量で快適、コンパクトです。これらのランチボックスは、耐久性のある防水ポリエステルで作られています。内側のコンパートメントは撥水性のアルミホイルで裏打ちされており、食品を長期間暖かく保ち、お手入れが簡単です。サーマルバッグには、お金のためのポケット、鍵、アイスパック用の特別なコンパートメントなど、多くのコンパートメントがあります。ラッチの特別なハンドルの助けを借りて、ランチボックスは学校のバックパックに便利に取り付けられ、さらに所有者の名前を記録するための特別なラベルが装備されています。

再利用可能なプラスチック容器が最も便利で経済的です。そのような料理は、ハンバーガー、レゴのパーツ、漫画のキャラクターの顔の形で、円形、正方形、長方形です。さまざまな構成があります。内部にさまざまなコンパートメントがあるスーツケース、折りたたみボックス-入れ子人形、1層、2層、3層のコンテナ、クーラーコンテナなどがあります。必要に応じて、一部のモデル用に特別なステッカーを購入すると、子供が独自のデザインを作成します。

現代のプラスチック製ランチボックスは、快適で実用的で耐久性があります。それらは通常のセラミック皿と品質が似ていることがよくありますが、より便利で機能的です。シリコンガスケット付きの信頼性の高い真空蓋は、中身をしっかりと保ちます。野菜や果物、ソース、バルク製品、カトラリーのコンテナは、コンテナ内にコンパクトに配置されています。マイクロ波オーブンで使用する場合、独立したコンパートメントにより、必要な食品のみを再加熱できます。一部のモデルには、箱のほかにサーモスやボトル入り飲料水を入れることができる特別なバッグが装備されており、開いた後は、防水性で洗えるナプキンとして使用できます。通常、プラスチック製の容器には信頼性の高いラッチが装備されているため、激しく振っても食べ物を所定の位置に保つことができます。一部のモデルには、学校のバックパックを崩れかけた食品の破片から保護する、皮むきと皮むき用の特別な容器があります。

折り畳み式の容器を使用すると、ランチを終えた後、コンパクトに折りたたむことができ、自宅では食器洗い機で洗うこともできるため、学生のバックパックのスペースを大幅に節約できます。一部のランチボックスには、冷却システム、取り外し可能なクッション、または食べ物が置かれる取り外し可能なアイスリングが付属しています。このような冷媒を使用すると、生鮮食品を新鮮に保つことができます。

子供が単に熱い液体食品を必要とする状況があります。この場合の優れた解決策は、ネックの広いサーモスです。温かい飲み物を運ぶだけでなく、スープやメインコースの消費にも便利です。広い首のおかげで、食べ物はサーモスから直接食べることができます。一部のモデルは少量で、1食分のみです。最も重要なことは、首の広いサーモスの方がはるかに便利に洗えることです。また、スープ専用のランチボックスもあります。それらは、電子レンジで加熱されても加熱されない密閉された蓋と外壁を持っています。この皿は傷のつきにくいプラスチックでできており、底に特別なくぼみがあり、容器を手に持っても快適です。

ランチボックス用のアクセサリーも豊富に取り揃えています。ソースやリキッドドレッシング用の密閉グレイビーボート、コンテナ内の皿を分離するためのシリコンモールド、ハードボイルドエッグをコンテナ内で余分な量を消費しないように配置できるモールドです。そのような型に埋め込まれた暖かい卵には、オリジナルの碑文または興味深い絵があります。

お子さん用の食品容器を選ぶときは、少量の水を注ぎ、少し振って漏れがないかテストしてください。漏れた箱は拒否することをお勧めします。そうしないと、すべての学校設備が損傷する可能性があります。ランチボックスには、さまざまな製品を配置するのに便利ないくつかの部分コンテナが含まれていることが望ましい。冷却要素を配置できる取り外し可能な下部コンテナを用意することをお勧めします。子供が完全に昼食を食べ、残り物を家に持ち帰らないようなサイズのランチボックスを選択してください。食べ物を準備して積み重ねるときは、特別な型とステンシルを使用してください。そうすれば、すべての食事は本物の芸術作品のように見えます。お子さんにさまざまな食べ物を提供します。ランチボックスの構成は、すべての曜日に事前にスケジュールすることができます。

学校用のランチボックスを組み立てるときは、容器の中の製品の位置を事前に考えてください。ランチボックスを緊急に満たすことができる既製の食事を常に手元に用意してください。前処理を必要としない製品は夕方に梱包してみてください。皿や飲み物を冷やしておく必要がある場合は、通常の飲み物のボトルを取り、3分の1に牛乳または飲むヨーグルトを入れて、冷凍庫に数時間入れます。容器に入れる直前に、残りの量を補充し、ゼリー、サラダ、コテージチーズなどの生鮮食品の隣に置きます。液体の凍結部分は徐々に解凍し、残りの飲み物とボトルの横の皿を冷却します。

ランチボックスを梱包する直前に保温が必要な食品を加熱し、しばらくお湯を入れて容器自体を予熱します。容器をいっぱいにしすぎたり、沸騰したお湯を注いだりしないでください。また、すべての蓋と留め具を慎重に閉じてください。スプーン、フォーク、ナイフを置くことを忘れないでください、そしてナプキンをけちるしないでください。