HTC One DualSIMスマートフォンレビュー

HTCOneデュアルSIM

一部のユーザーを喜ばせるために、HTCは、1枚のSIMカードが優れており、2枚のSIMカードが優れていることを十分に認識しています。これにより、モバイル通信の自由度が高まります。

2年前でさえ、ほとんどのDual-SIMスマートフォンは、中国の中小規模のメーカーから独占的に製造されていました。現在、この市場セグメントは、その重要性を認識しており、HTCを含む大手企業から特別な注目を集めています。そのため、台湾のメーカーは、主力スマートフォンであるHTCOneの改良版であるHTCOne Dual SIMモデルをファンに紹介しました。その名前から、2枚のSIMカードでの作業をサポートしていることがわかります。また、HTC OneminiやHTCOne Maxなどの変更が以前に提示されていたことも注目に値します。最初の変更はすでに販売されており、2番目の変更はまもなく発売されます。

2枚のSIMカードでの作業のサポートに加えて、HTC One DualSIMモデルはこのレビューを誇ることができます。

ケースの外観と人間工学

HTCOneデュアルSIMはHTCOneと同じように見えます。スマートフォンの本体の大部分は金属、つまり陽極酸化アルミニウムでできています。ボディは最高価格帯のスマートフォン用なので、しっかりと組み立てられています。私がすぐに注目したい金属ケースの唯一の欠点は、その高い熱伝導率、したがって、特にプロセッサからのかなりの加熱能力です。通常の使用では、ケースは手のひらの温度まで熱くなりますが、リソースを大量に消費するゲームをプレイすると、ケースは比較的強く熱くなり、ユーザーに不快感を与える可能性があります。

HTCはOneDual SIMスマートフォンの本体を「オールメタル」と呼んでいますが、実際にはスマートフォンの側面と背面パネルの一部は白いプラスチックで作られています。フロントパネルのディテールはガラスまたは金属のみで作られています。フロントパネルの大部分は、強化保護ガラスCorning Gorilla Glass 2で覆われた4.7インチのディスプレイで占められています。保護ガラスは、ディスプレイフレームと、その下にあるタッチボタン「戻る」および「ホーム」まで伸びています。ディスプレイの上とタッチボタンの下には、通信スピーカーと2つのマルチメディアスピーカー用の穴の塊が付いた対称のアルミニウムインサートがあります。また、HTC One Dual SIMのディスプレイの上に、標準のセンサーセット(照明と近接)、およびフロントカメラ用のかなり大きなレンズが表示されます。上部のミシン目の右隅には、見逃したイベントライトがあります。インジケーターは小さいですが、十分に明るいです。

HTC One Dual SIMスマートフォンのコントロールは少なくとも5つのボタンで、そのうち2つはタッチセンサー式で、画面の下にあり、他の3つは側面にあります。上部の側壁には、オーディオ出力(3.5 mm)と、家庭用電化製品のリモート制御を可能にする赤外線ポート付きの電源ボタンがあります。下側の端の右側には、標準のmicroUSBポートとイヤピース用の穴があります。

HTC One Dual SIMの右側面には、マルチメディアスピーカー用のペアのアルミニウム製ボリュームコントロールボタンがあり、タッチでは認識しにくい特徴的な点線のパターンがあります。このボタンは体と同じ高さであるため、人間工学に基づいており、盲目的に見つけるのは困難です。

操作中に、側壁の金属とプラスチックの両方が簡単に引っかかれます。そのため、スマートフォンは視覚的な魅力を失います。ケースを保護するためのツールは、カバーだけです。

スマートフォンの上部には、デバイスの背面カバーをすばやく取り外すことができるラッチボタンがあります。背面カバーを取り外してもバッテリーへのアクセスは開かれませんが、サービス情報、SIMカードを取り付けるための2つのスロット、およびmicroSDメモリカード用のスロットにアクセスできます。

HTC Oneモデルと同様に、HTC One Dual SIMスマートフォンのホームボタンは多機能です。1回押すとメインデスクトップに移動し、2回押すと最近起動したプログラムのリストが開き、長押しするとGoogleNowサービスを起動できます。[戻る]ボタンと[ホーム]ボタンの間にあるHTCロゴは、指で押そうとしても非アクティブです。

HTC One Dual SIMの背面パネルの上部には、大型のメインカメラレンズ、LEDフラッシュ、ノイズキャンセリングスピーカーが収納されています。背面パネルの中央にはHTCのロゴがあり、スマートフォンにインストールされているスピーカーシステムはBeats Audioのものであるため、下部に小さなBeatsAudioのロゴが表示されます。背面パネルは丸みを帯びた形状になっているため、比較的大きいサイズにもかかわらず、スマートフォンは手に快適にフィットします。

画面

HTC One Dual SIMは、HTCOneと同じディスプレイを備えています。画面の対角線は4.7インチ、解像度は1080 x1920ピクセルです。この場合、ピクセル密度は1インチあたり468個です。この指標は、販売されているすべてのスマートフォンの中で依然として最高です。ディスプレイは見事で、明るく、カラフルで、くっきりしていて、素晴らしい視野角を持っています。

ディスプレイは、高コントラストと自然な色再現が特徴のスーパーLCD3マトリックスをベースにしています。ディスプレイの最小輝度は8cd / m2で、最大輝度は437 cd / m2です。 102.7 cd / m2のバックライトは50%の明るさに相当します。最小輝度は暗い場所での作業に非常に快適であり、最大輝度により、明るい周囲光の下でもディスプレイが「ブラインド」しないようになっています。バックライトの明るさを手動で調整するか、光センサーを使用して、周囲の光の明るさに応じてバックライトの明るさを自動的に調整することができます。光センサーは正しく機能しています。

マトリックスのコントラスト比は800:1であり、これも非常に優れた指標です。色の温度は8500ケルビンで、これは6500 Kの基準をはるかに上回っているため、画像が過度にクールになります。これは欠点ですが、AMOLEDテクノロジーを使用して作成されたほとんどのマトリックスのように、このニュアンスによって色域を強く「酸性」にすることはできません。スマートフォンディスプレイの色域は、基準色域sRGBとほぼ100%一致しています。

カメラ

HTC Oneと同様に、HTC One DualSIMには4つの超ピクセルメインカメラがあります。HTCは、「ウルトラピクセル」は他のスマートフォンやカメラのカメラの解像度を測定する「メガピクセル」と同じではないと主張しているため、解像度のみに依存して、HTC One DualSIMを他のスマートフォンのカメラと比較することは不可能です。

実際には、スマートフォンのカメラ解像度は正確に4メガピクセルであり、他のほとんどのカメラと同様に、カメラマトリックスのサイズは1/3インチ(8.47 mm)です。HTC One Dual SIMのメインカメラを実際に区別するのは、光学システムの構造、受信セルのサイズ、およびそれらの数です。

光学を理解している人にとって、画像の品質が解像度のサイズではなく、光検出器のサイズ、開口率、開口値などの指標によって影響を受けることは周知の事実です。そのため、HTCは上記のパラメーターの指標を可能な限り定性的に改善することを決定しました。

すでに述べたように、カメラモジュールには400万個の光感知セルしかありませんが、2013年の他の主力スマートフォンの13メガピクセルカメラモジュールのように、各セルは4平方Kmであり、1.1平方Kmではありません。このソリューションのおかげで、ダイナミックレンジを拡大し、画像に現れるノイズのレベルを大幅に減らすことができました。ほとんどのカメラのレンズのf番号はf / 2.6またはf / 2.4です。 HTC One DualSIMスマートフォンのカメラレンズのこのインジケーターはf / 2.0です。そのため、レンズの開口部が高くなり、マトリックスの感光性要素により多くの光が通過できるようになり、その結果、視界が悪い状況でもより良い画像が得られます。カメラモジュールには2軸光学スタビライザーが装備されていることも注目に値します。長時間の露出で撮影するときの「ぼやけ」の量を減らすことができ、撮影中に握手することで画像を「振る」ことができます。

手動設定を上手に利用することで、HTC One Dual SIMスマートフォンのメインカメラで高品質の写真を撮ることができます。もちろん、印刷にはあまり適していませんが、ソーシャルネットワークやInstagramなどのさまざまなオンラインサービスへの投稿には非常に適しています。

写真の品質は、最高品質の写真を撮ることができない現在のバージョンのファームウェアの影響を大きく受けます。その品質(一見)は、2013年の他の主力スマートフォンと同じです。カメラの優れた技術的パラメータにもかかわらず、自動モードでの撮影では特に顕著な処理アルゴリズムは最適ではありませんが、暗い場所で撮影された写真の品質には多くの要望があります。写真は非常にぼやけています。また、たとえば、十分に明るい外部照明の条件で(「自動」モードでも)撮影すると、写真は強く「露出オーバー」になります(HDRモードをオンにすることで修正されますが、そうではないはずです)。 「ナイト」モードで撮影する場合、写真でも、カメラモジュールの技術的なパラメータにもかかわらず、豊富なノイズしか賞賛できません。自動モードでのノイズとの戦いにより、ISO 100の強制設定が可能になります。ソフトウェア開発者がこれらの欠点を次のファームウェアバージョンで利用できるようになることが期待されています。

3秒の動画を異常なパターンで録画できるゾーイ機能を無視することはできません。カメラのシャッターを押す前に1秒、押してから2秒後に録画されます。このモードでの記録速度は毎秒8フレームであるため、短いビデオ記録に加えて、さらに20枚の写真を取得できます。映像は別のフォルダに保存されます。誰が3秒のクリップを必要としているかわからないため、各ユーザーはこのモードの適切性を自分で判断する必要があります。このクリップのフォトストーリーボードは最高品質ではありません(写真にノイズが多く、写真の端がぼやけています)。

特にゾーイモードでは、自分の創造性を他のユーザーと共有できるゾーイシェアサービスが開発されました。公平を期すために、サービスの使用は非常に便利であることに注意する必要があります。ゾーイモードで作成された映画は、失敗したフォトフレームを切り取るか、その逆で最も成功した写真を選択することで修正できます。

2688 x1520ピクセルの1つの解像度で写真を撮ることができます。サイズの縮小など、写真のさらなる調整は、サードパーティのプログラムを使用して行うことができます。写真を撮るときの写真のアスペクト比は16:9で、解像度と同様に変更できません。

ビデオは、フルHDで30 fps、HD 720pで最大60fps、1080pHDRで最大28fpsで記録できます。

HTC One Dual SIMの前面の2.1メガピクセルのカメラは、不満を引き起こすことはなく、その目的に完全に対応し、高品質のビデオ通話を提供します。

デュアルSIM

もちろん、HTC One DualSIMとHTCOneの主な違いは、2枚のSIMカードを操作するためのこのレビューのヒーローのサポートです。同時に、2枚のSIMカードでの作業をサポートする他のほとんどのスマートフォンのように、この作業が交互に実行されるのではなく、HTC One Dual SIMモデルには複数のSIMカードがあるため、HTC Desire600モデルのように同時に実行されることにすぐに注意する必要があります。 、および独立して動作する2つの無線モジュール。

1枚のSIMカードで話しているとき、2枚目のSIMカードは常に連絡を取り合っており、いつでも電話を受けることができます。また、1枚のSIMカードが3Gネットワ​​ークで絶えずデータを転送している場合、2枚目のSIMカードを支障なく呼び出すことができます。 SIMカードを使用するこの原則により、通話転送を完全に放棄し、電話をかけてきた人がネットワークアクセスゾーン外にいるという情報を聞く必要がなくなります。

最初のスロットに取り付けられたSIMカードは、GSMネットワークと3Gネットワ​​ークの両方で、スマートフォンがデータ送信に使用でき、2番目のスロットはGSMネットワークでのみ機能します。各ユーザーは、SIMカードの使用の最適な組み合わせを選択して、通信とインターネットアクセスの節約を最大化する機会があります。電話で2枚のSIMカードを使用するには、いくつかのオプションがあります。SIMカードを使用して職場環境と近くの環境を区別するか、1枚のSIMカードを3Gインターネットに使用し、もう1枚を通信に使用するか、単に異なるSIMカードを使用して異なるオペレーターの番号に電話をかけます。これは経済的に有益です。いずれにせよ、2枚のSIMカードの機能を使用するという原則の選択はユーザーに委ねられています。

HTC One Dual SIMモデルで優先SIMカードを選択できる個別のハードウェアボタンはありません。これは、スマートフォンがコントロールを備えた最小限の機器を明確にトレースするため、驚くことではありません。 SIMカードのすべての管理は、ソフトウェアの機能を介して実行されます。 SIMカードの管理に関する主な設定は、メニュー項目「通話設定」と「ネットワークマネージャ」に集中しています。上記の項目では、転送パラメータの設定、音声通話の発信、テキストメッセージとデータ転送の送信、SIMカードの名前の変更に適したネットワークを設定できます。や。。など。

電話をかけたり、メッセージを送信したり、データを転送したりするための優先SIMカードが選択されていない場合、アクションを実行する直前に、電話はユーザーにどのSIMカードを使用して実行するかを尋ねます。一般に、HTC One Dual SIMスマートフォンで2枚のSIMカードを操作することは適切に実装されており、すべてが直感的であるため、Dual SIMスマートフォンを使用したことがないユーザーでも、2枚のSIMカードがどのように機能するかをすぐに理解できます。

オペレーティングシステムとソフトウェア

Android4.2.2オペレーティングシステムを実行しているスマートフォンHTCOne DualSIMで動作します。他のHTCスマートフォンと同様に、デバイスには独自のユーザーインターフェイスがあります。HTCOneDualSIMモデルの場合はSense5です。ユーザーインターフェイスはわずかに変更され、さらにスタイリッシュで明確かつ簡潔になりましたが、ソフトウェア開発者は通常のユーザーインターフェイスを削除しました。 HTCスマートフォンのすべてのユーザーは美しいアニメーションです。おそらくこれは、デバイスの速度をさらに上げるために行われました。

HTC Oneと同様に、HTC One DualSIMのホーム画面にはBlinkfeedニュースフィードがあります。 Blinkfeedフィードは、事前に選択されたソースからのニュースをタイルとして表示します(Windows Mobileインターフェイスと同様)。全画面でイベントの簡単な説明が記載された特定のタイルをクリックすると、プライマリソースウィンドウが開きます。このウィンドウでは、関心のある情報をより詳細に理解できます。 Blinkfeedが情報を取得するはずの独自のソースを追加することはできません。プログラムによって提供されるソースからのみ選択できます。 Blinkfeedサービスの提案されたニュースコンテンツパートナーのリストは非常に広いです。サービスのコンテンツパートナーのほとんどは外国のニュースリソースです。我が国に関連するニュースソースについては、次に、これらはFacebook、Twitter、Flickr、その他いくつかです。英語に堪能なユーザーにとっては、Associated Press、Reuters、Euronewsなどの外国のニュースリソースが興味深いかもしれません。

Blinkfeedサービスは美しく見えますが、ソーシャルネットワーク(Facebookなど)からの友人からの投稿が多数あるため、煩わしい場合があります。アクティブな常連ではない場合、約200人の知人(この指標は個人)の浮き沈みをすべて追跡します。そのため、開発者はメイン画面からBlinkfeedアグリゲーターを削除する機能を提供しています。

スマートフォンにインストールされているアプリケーションのリストは、横にスクロールされるのではなく、上下にスクロールされます(これは、Senseシェルを備えたほとんどのスマートフォンで一般的です)。

アニメーションのない独自の天気ウィジェットは、よりシンプルで簡潔に見えるようになりましたが、必要に応じて、HTC電話の多くの所有者に愛されているアニメーションを含む別の独自の天気アプリケーションをアクティブ化できることに注意してください。ウェザーレポートは、デスクトップをスクロールしてもデスクトップ間を移動せず、メインデスクトップにのみフルビューで表示されることにも注意してください。すべてのサブデスクトップには、アプリケーションアイコンとアプリケーションフォルダのみが含まれています。以前と同様に、あるショートカットを別のショートカットにドラッグすることでフォルダが作成されます。

スマートフォンには多くのプレインストールされたブランドのアプリケーションがあります。更新されたSense5シェルでは、すべてのアプリケーションがGoogle、ツール、マルチメディア、パフォーマンスと呼ばれるグループに便利に分割されています。HTC Oneと同様に、一部のアプリは非表示にして、ショートカットがアプリの一般リストに表示されないようにすることができます。非表示のアプリケーションは、同じ名前のメニュー項目「非表示アプリケーション」でのみ表示されます。

また、「ホーム」ボタンをダブルタップすることで呼び出される最近起動したプログラムの画面が若干変更されました。現在、3x3マトリックスの形式で最近起動されたアプリケーションの画面には、最近起動された9つのユーティリティのみが表示されます。このタイプの表示は、リストがより説明的であり、最近使用したもののリストから必要なユーティリティにすばやく移動できるため、より便利です。

一般に、誇張することなく、HTC One Dual SIMスマートフォンのインターフェースはAndroidスマートフォンの中で最も変更されており、大幅に再考されており、実際、デバイス制御システムを可能な限り簡素化および改善するように設計されていると自信を持って言えます。インターフェースはスムーズで正確です。HTCスマートフォンのファンは、HTC One DualSIMで使用されている更新されたSense5スキンを間違いなく高く評価するでしょう。

"鉄"

フラッグシップスマートフォンの改良版として、HTC One Dual SIMは、最も高性能な(これまでの)ハードウェアプラットフォームの1つに基づいて構築されています。スマートフォンの心臓部は、SoC(システムオンチップ)Qualcomm Snapdragon 600です。これには、4つのKrait 300コアを備えた1.7ギガヘルツのプロセッサ、Adreno 320グラフィックコア、2ギガバイトのRAM、および32ギガバイトまたは64ギガバイトの容量の内蔵フラッシュドライブが含まれます。フラッシュストレージ容量は、モデルの変更によって異なります。最大64ギガバイトの容量のmicroSDメモリカードを使用して、内蔵メモリを拡張できます。たくさんの音楽、写真、映画など、スマートフォンからマルチメディア情報の実際の保管場所を作成するユーザーにとっても、十分な永続的なメモリがあります。

スマートフォンのワイヤレス通信は、Wi-Fi 802.11 a / b / g / n / ac、Wi-Fi Direct、Wi-Fiホットスポット、Bluetooth 4.0(A2DP)、NFC、LTE、DLNA、IrDA、 GPSとGLONASS。

スマートフォンの技術仕様を見てもわかると思いますが、その性能は最高レベルです。HTC One Dual SIMは、現在入手可能な最高性能のスマートフォンの1つです。総合テスト(ベンチマーク)では、スマートフォンがトップの位置を占めます。スマートフォンの所有者は、最も要求の厳しい3Dゲームを問題なく実行できるようになります。また、スマートフォンを使用して、快適なアクティブWebサーフィン、最高解像度のビデオの視聴などを行うことができます。最もリソースを消費するプロセスを開始した場合でも、「ラグ」と「スローダウン」は観察されませんでした。

ハードウェアに関する唯一の欠点は、最大負荷の下でスマートフォンプロセッサがかなり熱くなることです。これは、論理的にはアルミニウムケースの加熱につながります。平均加熱温度(プロセッサに高い負荷があると仮定)は、約45度を超えません。この温度は重要ではありませんが、スマートフォンで作業するときに不快感をもたらします。ケースが非常に熱く、実際にはそれほど頻繁には発生しない場合は、電話をどこかに置いて、少し「休憩」して冷やすことができるようにすることをお勧めします。

音響システム

HTC Oneと同様に、HTC One Dual SIMには、ブームサウンドと呼ばれる2つのステレオスピーカーで構成されるBeatsAudioの優れたスピーカーシステムが搭載されています。このため、HTC One Dual SIMモデルの標準の音楽プレーヤーには設定項目がありません。これは、音響のすべてのサウンドがBeatsAudioのスペシャリストによって調整されているためです。スマートフォンの音は大きくて高品質で、音はとてもクリアなので、本物の音楽愛好家でも気に入るはずです。覚えておくべき主なことは、すべての設定を担当するデフォルトのBeatsテクノロジーをオフにすることはできないということです。

仕事の自律性

HTC One Dual SIMスマートフォンの自律動作は、2300mAhのリチウムポリマー充電式バッテリーによって提供されます。容量が比較的小さいにもかかわらず、バッテリーはデバイスの優れた自律性を提供します。1回の充電で、HTC One DualSIMスマートフォンは平均して直接の競合製品と同じように機能します。間違いなく、新しい独自のHTC Sense 5シェルの使用は、省エネにプラスの効果をもたらしました。省電力モードは、電話の自律性に大きな影響を与えないため、それについて話す意味はありません。

合成バッテリー性能テストAntutuTesterで、HTC One Dual SIMは676ポイントを獲得し、最大負荷で3時間46分動作しました。

比較すると、同じ条件下でのこのテストのHTC Oneモデルは451ポイントを獲得し、2時間半動作し、2つの無線モジュールではなく1つの無線モジュールを備えていました。すべてのマルチメディア機能を非常に積極的に使用することで、スマートフォンは1回の充電から営業日の終わりまで問題なく動作し、1日の使用は少し少なくなります。スマートフォンの機能を適度に使用すると、HTC One DualSIMモデルは使用2日目の終わりにのみ放電されます。高性能ハードウェアプラットフォームと優れたフルHDディスプレイを備えたデュアルSIMスマートフォンに関しては、この自律性は非常に印象的です。

結論

HTC One Dual SIMは、スタイリッシュなデザイン、高品質のメタルケース、優れたフルHDディスプレイ、2つのラウドステレオスピーカーで構成される優れたスピーカーシステム、SIMカード用の2つのスロット、そして非常に重要な2つのスロットを備えた優れた最新のスマートフォンです。無線モジュール。どのような状況でも連絡を取り合うことができます。このモデルには、あいまいな「ウルトラピクセル」カメラ、本体のプラスチックインサート、プロセッサの比較的強い加熱傾向などの小さな欠陥もあります。このスマートフォンに注意を払うことは、多くの利点があり、ほとんど欠点がない、本当に高品質で機能的なデバイスを購入したい人にとって間違いなく価値があります。HTC One Dual SIMは、これまでで最も先進的なDualSIMスマートフォンです。

HTC One Dual SIMの利点:

よく組み立てられたケース

体を作る材料

Androidオペレーティングシステムの現在のバージョン

独自のシェルHTCSense 5.0

2つの無線モジュールの存在。これにより、両方のSIMカードを同時に使用できます。

優れたディスプレイ

BeatsAudioの優れた音響ステレオシステム

高い自律性

高性能ハードウェアプラットフォームQualcommSnapdragon 600

家電製品のリモートコントロールを可能にする赤外線ポートを装備

HTC One Dual SIMのデメリット:

メインカメラの動作が常に正しいとは限りません

機械的制御ボタンの人間工学が低い