電話を聞く-ウクライナで携帯電話を聞くことは可能ですか、特別サービスはどのように聞きますか

ワイヤータッピングは誰もが免れることのできない現実です。ワイヤータッピングプログラムで電話を感染させるために、あなたはそれに触れる必要さえありません。

携帯電話をワイヤータップするためのプログラムは、次の方法でデバイスに入ります。

  • Bluetoothチャネル経由。
  • Wi-Fiチャネル経由。
  • MMSメッセージ内。
  • コンピューターを使用してインストール。
  • モバイルインターネット経由。

不明な発信​​者からのメッセージには注意してください。

電話のワイヤータップ

「ワイヤータッピング」プログラムは電話の腸に入り、そこで独自の生活を送っています。デバイスはアクティブ化されたマイクのおかげで情報を収集し、攻撃者は監視対象に接触することなく情報を受信します(たとえば、監視対象の家に車を運転するなど)。

情報をダウンロードするプロセスは次のとおりです。Bluetoothがオンになっていて、サブスクライバーの検索が進行中です。接続をハッキングすることにより、bluetoothモジュールがハッキングされ、スパイプログラムがインストールされます。エリアをスキャンするだけで十分であり、半径1.5 km以内で、攻撃者は関心のあるすべてのサブスクライバーを確認できます。

モバイルの電源がオフになっているが、内部にバッテリーがある場合は、侵入者が離れた場所からモバイルをアクティブにするようにしてください。SMSを読むことで、電話帳にアクセスしたり、会話を聞いたり録音したりできます。

ワイヤータッピングの存在を間接的に確認するいくつかの兆候があります。

バッテリー温度が高い

電話は長期間使用されておらず、バッテリーは高温ですか?デバイスは積極的に使用されています。バッテリー温度の上昇は、隠されたアプリケーションによる過負荷を意味します。おそらく、このアプリケーションはあなたの電話を聞くためのスパイウェアです。

電話はすぐにバッテリーを使い果たします

GSMデバイスは時間の経過とともに最大バッテリー充電を失うことが知られています。ガジェットが1年以上経過していると、バッテリー容量が減少します。しかし、聞いているとき、携帯電話は周りで起こっていることを絶えず記録しているため、バッテリーの電力をあまりにも早く消費します。お使いの携帯電話の放電率を監視するには、BatteryLife LX(Androidの場合)またはBattery LED(iPhone OSの場合)という便利なアプリケーションがあります。

電話がオフにならない

携帯電話の電源を切っても電話画面が消えない場合や、デバイスの電源が長時間切れない場合は、彼らはあなたの話を聞きます。異常なモバイル動作に注意してください。このような症状は、ハードウェアまたはソフトウェアのエラーの結果である可能性もあります(たとえば、ライセンスのないアプリケーションがインストールされている)。

非標準の電話活動

携帯電話の異常な動作(自動再起動、ネットワークの再登録)は、誰かがモバイルをリモートで制御していることを意味します。ただし、注意してください。多くの場合、ユーザーは無意識のうちにアプリケーションをオンにして、電話を不安定な動作に誘導します。

電話の異音

会話中に、モバイルの「リスニング」によって干渉が発生することがあります。多くの場合、重要ではありません-一種のエコー、放電、パチパチ音、反射効果。また、使用しないときのスマートフォンのスピーカーからの脈動音の場合。

電話の干渉

電子機器(テープレコーダー、テレビ、ラジオテープレコーダー、スピーカー)の近くで電話を使用すると、特徴的な「ゴロゴロ」という形で干渉が発生します。このような干渉は、データ送信中(会話中、SMSメッセージの送信時)に直接発生する通常の現象です。スタンバイモードでの電話の所有者の動作に依存しない干渉の場合は、デバイスの「ワイヤータッピング」の存在に注意してください。

ネットワーク障害

電話の「オペレーターの選択」機能を使用すると、不明なオペレーターが一連の番号としてモバイルオペレーターのリストに表示されます。

したがって、特別な機器を使用せずに電話がタップされていることがわかります。

読む:「セルフとは:素晴らしい自動写真の5つの秘密」