Microsoft Office 2010を無料で合法的にしたい!

Microsoft Office 2010を無料で合法的にしたい! Microsoft Office 2010は、アクティベーションキーを入力しなくても180日間無料で使用できます。 Microsoftは、特定のチームがアクティベーションなしで猶予期間を延長していることを確認しています。 Office 2010は、製品アクティベーションキーを入力せずに180日間使用できると、Microsoftからのニュースが本日確認されました。 Microsoftは通常、ユーザーがWindowsを含む会社のソフトウェアのコピーをアクティブ化するための30日間の期限を宣言していますが、企業の管理者向けに設計されたあまり知られていないコマンドを使用して、Office2010のカウントダウンを最大5回「リセット」できます。同社は、TechNetサポートサイトに記載されている短いコマンドがOffice2010のアクティベーションタイマーをリセットすることを確認しました。これは正式に発表されましたが、6月15日まで小売店の棚に並ぶことはありません。ボリュームライセンス契約を結んでいる企業は、Office2010を今すぐ入手できます。 Microsoftは通常、ユーザーが製品アクティベーションキー(コピーが正当であることを証明する25文字の文字列)を必要とせずに、OfficeまたはWindowsを30日間インストールして実行することを許可しています。 30日間の猶予期間中、ソフトウェアはアクティブ化されたかのように動作します。猶予期間が短くなると、Office 2010製品のアクティブ化を求めるメッセージが画面に表示されます。Office2010では、メッセージはインストール後25日目に変更されます。ある時点で、Office2010のタイトルバーも赤に変わりました。ただし、「ospprearm.exe」ファイルを実行することにより、ユーザーはアクティベーション時間を30日にリセットできます。このファイルは、フォルダ「%installdir%Program FilesCommon FilesMicrosoft SharedOfficeSoftwareProtectionPlatform」にあります。ここで、「%installdir%」は、ほとんどのマシンのシステムドライブ「C:」を指します。この方法は最大5回まで使用できます。ユーザーが各30日の期間の終わりにリセットした場合、ユーザーはアクティベーションキーを提供しなくても、Office2010を合計180日間無料で使用できます。電子メールで質問に回答したMicrosoftの広報担当者によると、この機能は、サポートされているオペレーティングシステムと付属のソフトウェアを数百または数千のPCに展開するために、単一のコピーまたは「イメージ」を使用するエンタープライズ管理者を対象としています。 IT管​​理者がインストールの準備をしている間、この間、アクティベーションクロックは刻々と進みます。ファイルが会社のマシンにコピーされるまでに、カウンターはアクティベーションメッセージが表示されるポイントに到達している可能性があります。 「さらに500台のコンピューターがあり、今から6か月以内に500台のインストールを展開したいとします」とMicrosoftの広報担当者は述べています。 「同じインストーラーを使用したい。ここでの問題は、Officeが5月に最初にOfficeをインストールしたことを認識できるほど賢いということですが、今は11月です。したがって、ユーザーが最初にOfficeをダウンロードすると、赤が表示されます。アクティベートされていないことを示すタイトルバー。これはユーザーエクスペリエンスが悪いです。「ospprearmを使用すると、管理者はインストールイメージを作成し、最後のステップとしてアクティベーションタイマーをリセットできます。 「今、毎回管理者が新しいコンピューターを持っている場合、管理者はインストールイメージのみを展開できます。ユーザーが初めてOfficeを起動すると、アクティベーションタイマーが開始され、アクティベーションを指示するダイアログが表示されるまでに25日かかります。」MicrosoftはまだOffice 2010を小売店で立ち上げて消費者に提供していませんが、60を導入しました。 TechNetサイトでのOfficeProfessional Plus 2010cの1日トライアル。同社はまた、Office 2010の発売後、今年の夏に1つ以上の小売版のトライアルを出荷すると発表しました。現在入手可能なものを含むトライアルは期間限定で提供されます。アクティベーションコード:Office Professional Plus 2010の試用版には、すぐにアクティベーションコードが必要であり、それなしではインストールできません。ダウンロードする前に受け取った無料のアクティベーションコードを入力し、Officeの自動アクティベーションを拒否すると、ユーザーはアクティベートされないコピーになってしまいます。どうやら、「ospprearm」メソッドを使用してテストコピーの寿命を延ばすこともできますが、これはまだ検証されていません。 Office 2010の将来のトライアルリリースでも、インストール前にアクティベーションコードが必要になるかどうかは不明です。 Microsoftは、IT管理者以外の人が使用できるアクティベーションタイマーをリセットするという事実に従順であるようです。 「私たちは製品に対して5回の排出を許可します」と会社の広報担当者は言いました。 「もちろん、これを悪用して、Officeを停止せずに長期間使用できるようにすることもできますが、これは許容できる妥協案です。「技術サイトやブロガーは、ウェイクアップタイマーをリセットする方法について定期的に報告しています。たとえば、昨年8月、Windows Secretsニュースレターは、コマンドラインを使用してWindows7の30日間の試用期間にさらに90日を追加するためのウォークスルー手順を公開しました。2年前これは、Windows Vistaの猶予期間を120日に延長するために同様の方法が登場しました。私の意見では、これらは追加のユーザーを引き付けるためのマーケティング策略であり、オープンオフィススイートとのMicrosoftとの現在の激化する競争でMicrosoftの針に引っ掛けます。Windows 7の30日間の試用期間にさらに90日を追加します。2年前、同様の方法でWindowsVistaの猶予期間を120日に延長するように見えました。私の意見では、これらはすべて、オープンオフィススイートとの現在の激化するマイクロソフトの競争において、ユーザーをマイクロソフトの針に乗せることによって追加のユーザーを引き付けるためのマーケティングの策略です。Windows 7の30日間の試用期間にさらに90日を追加します。2年前、同様の方法でWindowsVistaの猶予期間を120日に延長するように見えました。私の意見では、これらはすべて、オープンオフィススイートとの現在の激化するマイクロソフトの競争において、ユーザーをマイクロソフトの針に乗せることによって追加のユーザーを引き付けるためのマーケティングの策略です。