キヤノンの手頃なポートレートレンズ

私のCanon1000dDSLRは私の誕生日に私に与えられました。当然、18-55mmのキットレンズが装備されていました。最初の6か月間、私は単にカメラを手放さず、美しい(石鹸皿の後の)写真で自分自身と愛する人を喜ばせました。並行して、写真の芸術に関連する多くのサイトを訪れましたが、私の写真は完璧にはほど遠いことに気づきました。専門のフォーラムで、レンズを交換する必要があると言われました。論理的な質問がすぐに続きました:「どれですか?」写真をもう一度確認したところ、95%がポートレートであることが判明したため、フォーラムで言われたように、レンズにはポートレートレンズが必要です。貧しい学生は常にお金を持っておらず、趣味に多額の投資をしたくなかったので、F.uaストアコンサルタントのアドバイスを受けて、Canon EF 50 f / 1.8IIレンズを購入しました。

価格はウェブサイトで見つけることができます

彼らが私にレンズ付きのパッケージを送ってくれたとき、私はそれが空であることを恐れていました-しかし、私が切望された箱を開けたとき、私の幸せは際限がありませんでした:白いセロハンに包まれた新しいもの、レンズは横たわっていて彼の参加を待っていました。迷わずクジラグラスを外して新しいものを装着しました。

重量はわずか130グラム、寸法(D x L)-68.2 x 41 mmで、ゴム製のフードでは見た目の違いはわずかですが、間違いなくクジラよりも小さいです。もう1つの嬉しい驚きは、ライトフィルターの直径が55mmしかないことです。これは、高価で手頃な価格ではないことを意味します。

説明書を読んだところ、レンズにUSMモーターが付いていることがわかりました。確かに、レンズはほとんど静かにそして非常に正確に焦点を合わせました、それはクジラガラスと比較して私を喜ばせました。

レンズダイアフラムは5枚のブレードで構成されているため、ボケは「悪魔のペンタグラム」の形になります。ただし、私は要求の厳しいクライアントとして、まったく気にしません。

最小焦点距離が45cmにもなるため、マクロ写真を放棄する必要がありました。

このレンズの開口部(特にキットレンズ18-55の後)は単純に驚くべきものです。たとえば、クラブでは、写真をぼかすことを恐れずに、三脚なしで撮影できます。

最大アパーチャは1.8です。これは、焦点が合っているスペースが非常に少ないことを意味します。これは、芸術的なポートレートを撮影するときに間違いなく大きなプラスになります。

写真家のために、このレンズはバックライトを保持しておらず、この場合、焦点が合っていないことを付け加えたいと思います。

特に10x15を超える写真を印刷する場合、色収差も非常に目立ちます(ただし、Photoshopなどの画像エディターで簡単に修正できます)。

彼はブレンドでも「うさぎ」を捕まえ、何もできず、花びらのものを含むあらゆる種類のタイプを試しました。

レンズマウントはプラスチック製です。手袋のようにガラスを交換しない場合は重要ではありませんが、十分な注意と注意を払わないと、プラスチックの削りくずをマトリックスに切り込むことができます。

ソビエトの対応物と比較してそれを置かない方が良いです-それはすべての点で負けます。

視角は最低46度なので、小さなカフェでは少し窮屈になりますので、路上で落ち着いたポートレートを撮るのにおすすめです(風景はあまり撮れません)。

異なるフィールド深度で撮影された写真の比較:

最近、私はA4シートを撮影しました。カメラはスキャナーの機能を果たしました。「バレル」や歪みはなく、プリントアウトはほとんどコピーのようでした。

スタビライザーの欠如は少し動揺しています。不十分な光と三脚がないため、これは問題をいくらか複雑にしますが、CANO​​NはどういうわけかISですべての修正を甘やかすわけではないようです。

すべての努力と敬意にもかかわらず、ほこりはまだ中に現れました。最初はとても面倒でしたが、理論的な製作と実際の検証の結果、このほこりが写真に目立つのではないかという懸念が通りました。レンズの細かいほこりは、マトリックス自体のほこりと同様に見えませんが、少なくとも何らかのシールを3つのhryvnyaに取り付けることができます。

フォーカシングリングは少し不便です。1本の指でもかなりうまく回転しますが、特に薄明かりの中で焦点を合わせると、かなり狭く、「迷子になる」ことがあります。

評決:あなたのお金のための素晴らしい購入は、すべての150%で価格を正当化します!初心者からアマチュアまでオススメです!コンパクト、シャープ、信頼性-他に何が必要ですか?