オルガ・クルタヤが彼女の新しいフレグランスOKKI LaMuseを発表しました

ロシアの有名な作曲家イゴール・クルトイの妻であるオルガは、新しいフレグランスOKKI LaMuseを発表しました。ちなみに、OKKIブランドの名前は、配偶者の名前と姓の最初の文字で構成されています-OlgaKrutayaとKrutoyIgor。プレゼンテーションは、リガのガレリヤセントルズショッピングセンターで行われた若いパフォーマーのためのニューウェーブコンペティション中に行われました。オルガによると、ノベルティはパリの香水製造業者と共同で開発されました。長女のビクトリアも香りの創作に直接関わっていました。ちなみに、今、彼女は自分の何かを発明しようとしています。そして、ボトルはシャネルの開発に従って作成されました。やや凸状の長方形で、淡い紫色に塗られています。容器の前面にある黄色い花がオリジナリティを与えています。珍しいフラワーアレンジメントからなるまさにその匂いは、オルガ・クルタヤによって個人的に発明されました。いくつかの情報によると、500万米ドルが香水プロジェクトに投資されました。

オルガは、彼女の夫が主なミューズになったことを宣言します。「夫を驚かせて喜ばせたいと思いました。また、ミュージシャンである彼がよく知っている創造性の喜びを分かち合いたいと思いました」とクルタヤさんは言いました。ラミューズと呼ばれる香りは夏の日にぴったりです。軽くて新鮮です。ムスク、スギ、サンダルウッドの香りをベースにしています。ハートノート-ジャスミン、谷のユリ、バラ、アイリス、ピーチ、ラズベリーのフルーティーでフローラルなアロマ。香水のトップノートには、グレープフルーツ、ベルガモット、レモン、ネロリ、オレンジなど、さまざまな柑橘系の果物が詰まっています。

プレゼンテーションには、ロシアのショービジネスのスターの数が出席しました:ヤナ・ルドコフスカヤ、セルゲイ・ラザレフ、厳粛な部分は女優ゼーン・バリツカによって行われました。

ロシアでのフレグランスの発表は数ヶ月前に行われました。ラトビアは、OKKIブランドが正式に代表される2番目の国になりました。新しい香水は、既存のOKKI香水コレクションを補完します。これには、男性用のOpus pourHommeと女性用のOpuspourFemmeが含まれます。

オルガ自身は、香りの作成は非常に困難であったと主張しています。25歳以上の年齢層向けに、何とも違う、新鮮で夏らしい、新しいオリジナルなものを提供したいと思います。香水は、星のように感じ、自信を持って歩き、自分の価値を実感したいという欲求を生み出し、女性が自分の中でミューズを発見するように刺激するために作られました。

フレグランスは、50mlボトルのオードトワレとしてご利用いただけます。小売価格は50ドル強です。